2019/02/14

TypeScript (5) Visual Studio Code

今回は、TypeScript ベースの Small Basic Online v1.0 を開発するための開発環境について解説します。開発には Visual Studio Code が便利なので、これを使います。Visual Studio というとマイクロソフトの統合開発環境 (IDE: Integrated Development Environment) ですが、Visual Studio Code はそれとはまったく関係のないマイクロソフトがオープンソースとして公開しているエディタ(編集用ソフト)です。

Visual Studio Code は https://code.visualstudio.com/ からダウンロードできます。

また拡張機能として以下の3つをインストールしました。


  • Debugger for Chrome 4.11.2

  • ftp-sync 0.3.9 (Small Basic Online とは直接関係ないですがウェブサイトをアップロードできます)

  • Japanese Language Pack for Visual Studio Code 1.31.4

再度、GitHub から Small Basic Online のソースをクローン(リモートリポジトリからローカルリポジトリへのコピー)します。Visual Studio Code にはこのメニューがないので、ターミナルを開いて以下のコマンドを実行します。


cd \
git clone https://github.com/nonkit/SmallBasic-Online.git/ \SmallBasic-Online

これで C:\SmallBasic-Online フォルダにローカルリポジトリができます。「ファイル」「フォルダを開く」でこのフォルダを開きます。src\app\components\common\shapes\ellipse.ts を開いてみます。このファイルをちょっと直してみたいのですが、その前に画面左下の master と書いてあるところをクリックし、ブランチを作成します。ブランチは複数のメンバーで並行してソースに手を入れるためにリポジトリを枝分かれさせる機能です。下図は、ブランチ名を blog とし、ソース管理 (git) で差分を表示したところです。

Vscode

今回はここまでとします。次回は変更したコードを走らせてデバッグします。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/14

フリーソフト紹介: Visual Studio Code

本日、Aptana Studio 3 を立ち上げようとしたら、以下のエラーで立ち上がらなくなりました。

Aptana_studio_3

そろそろ Visual Studio に移行しようと思っていたところだったので、Aptana Studio 3 はアンインストールしました。ところが、最近 Visual Studio Code というコードエディターがあることを知ったので、これをインストールしてみました。

Vscode

とりあえず、ftp-sync と Debugger for Chrome (JavaScript用)という拡張機能を追加インストールしました。どちらも、構成(初期設定)を json ファイルに記入して利用します。

このソフトはマイクロソフトのオープンソースで、ソースコードは GitHub に公開されています。Visual Studio Code そのものを直したり、拡張機能を追加したりすることも可能です。すでにさまざまなプログラミング言語に対応した拡張機能がある他、Windows 版のみならず、Linux や Mac でも動作するのは魅力と言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/26

フリーソフト紹介:囲碁クエスト

スマホ向けのフリーソフト「囲碁クエスト」を紹介します。9路盤と13路盤でネットワーク対戦ができます。下図はボットと対戦したときのスクリーンショットです。

Igo_quest

級位・段位およびレーティングを算出してくれるので、自分の実力がどの位なのかを把握することができます。初心者にとってはコンピュータ囲碁は強すぎるので、同じ位の強さの相手をマッチングしてくれるこのソフトでの対戦のほうが、勉強になるような気がします。

下図は私の現在のレーティングです。最近ようやく黒でも勝ち越せるようになってきました。

Igo_quest_my_page

ルールは中国ルールでコミは7目です。時間制限があるので手軽にゲームを楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/07

Windows 10 リリース

米国時間の7月29日、Windows 10 がリリースされました。私のノートブックパソコン (LIFEBOOK AH42/M) では昨日アップグレード可能との通地が届き、今朝アップグレードが完了しました。

Windows10j

私が Windows に出会ったのは1987年、仕事で Windows 1.03 日本語版に触れたのが最初でした。あれから28年。Version 10 というのはちょっと灌漑深い番号のように思います。

まだほとんど使っていませんが、Windows 8.1 から大きく変わったと思うところは以下の点です。

・スタートメニューが復活。やはりスタート画面とデスクトップ画面を行き来するより使いやすいと思います。
・ブラウザが Microsoft Edge に。IE より他のブラウザとの互換性が高いように思います。ただ、Silverlight が動きません。そんなときはメニューの「Internet Explorer で開く」が利用できます。
・コントロールパネルが「設定」というシンプルなアプリに変わりました。古いコントロールパネルも起動できるようです。
・Windows 8.1 との互換性は高いと思います。今のところ、Windows 8.1 で動いていたアプリは問題なく動作しています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/19

Sente Goban

Sente 社の Goban というソフトを購入しました。Mac 向けの囲碁ソフトです。App Store で1,000円でした。Goban 自体には AI は付いていないのですが、Goban Extensions を無償配布しており、その中に囲碁のオープンソフトとして有名な GNU Go と Pachi が組み込まれています。

Goban

図は GNU Go と対戦して敗れた終局です。

このソフトには GTP (Go Text Protocol) というインタフェースが備わっており、GNU Go や Pachi とはその GTP を介して通信しています。囲碁のプログラムを作成して、GTP を装備すれば、この Goban を介して対戦ができるようになります。

また NNGS や IGS といった囲碁サーバーとの通信もできるので、サーバー経由の対戦もできます。現在作成中の自作囲碁プログラムをテストするのに役立つのではないかと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/10

Windows 8.1

遅ればせながら Windows 8.1 入手しました。今回入手したのは英語版です。

パッケージ

パッケージには64ビット版と32ビット版のDVDが入っていました。プロダクトキーはしゃれたカードに印刷されていました。

入っているもの

開けるとこんな感じです。

開けたところ

この DVD を Parallels Desktop 9 for Mac の仮想マシンにインストールしました。1時間程度でインストールできました。

これまで Windows Vista 搭載の FMV-BIBLO LOOX P70UN で Small Basic を動かしていましたが、画面が小さいのと処理が重いので、Mac mini 上で動かせるようにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/07

iPadゲーム紹介 最強の囲碁HD

iPad用のゲームを買いました。「最強の囲碁HD」というゲームです。600円なのでリーズナブルだと思いました。iPhone用は「最強の囲碁」という名前です。

最強の囲碁HD

上は Level 1 に勝利した図です。コンピュータ(白石)はこの局面で投了しました。

このゲームの AI は CrazyStone という正しく最強の AI を搭載しています。ゲームの開発元は UNBALANCE という会社で、私が囲碁の勉強を始めた「お父さんのための囲碁3 FMV」というWindows用のゲームを開発した会社でもあります。

下は「お父さんのための囲碁3 FMV」 Level 1 に2007年に初勝利した図です。

お父さんのための囲碁3 FMV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/13

フリーソフト紹介:Chrome リモート デスクトップ

Chrome リモート デスクトップを使ってみました。

Windows Vista パソコンにはブラウザの Chrome (クロム)は導入済みだったので、Chrome のアドイン「Chrome リモート デスクトップ」をストア(Chrome ウェブストア)からダウンロード。
Mac mini ではブラウザとアドインを両方ともダウンロード。
Windows Vista パソコンで Chrome のアプリから「Chrome リモート デスクトップ」を起動。マイ パソコンに表示されている Windows Vista パソコンの[リモート接続を有効にする]ボタンを押し、PIN番号を設定します。
Mac mini でも Chrome のアプリから「Chrome リモート デスクトップ」を起動。マイ パソコンに表示されている Windows Vista パソコンをクリックし、先ほど設定したPIN番号を入力すると、Mac mini から Windows Vista パソコンが制御できるようになりました。

Chrome リモート デスクトップ

Small Basic のプログラミングだけは Windows Vista パソコンを使うしかなかったのですが、このパソコンは画面が小さかったので、Mac mini と共有で大きなディスプレイにつないで使っていましたが、画面の切り替えが結構面倒でした。リモート デスクトップならキーボードやマウスも共有でき快適です。

先日購入した Microsoft Office for Mac に Remote Desktop Connection というアプリが付属していたのですが、Windows Vista Home Premium はサポート対象外だったので、他に同様なソフトがないか探してみたところ、Chrome リモート デスクトップに到達しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013/07/08

プログラミング講座(128) 画面の動画を録る

先日、画面の静止画を撮る方法をお伝えしましたが、操作方法を伝えたいような場合は画面の動画を録りたくなりますね。Small Basic とは直接関係ないのですが、静止画のときもそうしたので、今回もプログラミング講座の記事としてまとめたいと思います。

まず、Windows ですが、Microsoft Expression Encoder 4 というフリーソフトがあります。ちなみに私は英語版をダウンロードしました。ダウンロードすると Screen Capture というソフトが付いてくるので、このソフトの録画ボタン(赤い丸)を押して録画をスタートします。最初に画面のどの部分を録画するか聞いてくるので、設定後、さらに録画ボタンを押します。すると秒読み後に録画がスタートします。終了時には[Ctrl]+[Shift]+[F12]を押します。

図125 Screen Capture
【図125 Screen Capture】

その後、Capture Manager で [Encoder に送る]ボタンを押すと Expression Encoder が起動しますので、[エンコード]します。ユーザーのドキュメントの下の Expression¥Expression Encoder¥Output に保存されます。できた .wmv ファイルをこちらにアップロードしました。

次に、Mac (OS X) ですが、標準添付の QuickTime Player で録画ができます。メニューの「ファイル」「新規画像収録」を押すと、以下のような画面が出ます。この赤い丸ボタンを押し、画面範囲を選択するとすぐに録画が開始されます。終了時は「画像収録」の黒い四角ボタンを押します。録画のウィンドウを閉じようとすると保存先を聞いてくるので、保存します。できた .mov ファイルをこちらにアップロードしました。

図126 画像収録
【図126 画像収録】

ちなみにどちらの動画にも YouTube のサイトで音楽を付加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/15

JavaScript (22) JsDoc Toolkit でドキュメント作成

プレイアウトのロジックを作る前に、プログラム全体を見渡すためにドキュメントを整備することにしました。

Java に Javadoc というドキュメントを作るツールがあって「作って遊ぼうJavaアプレット」の連載でも使っていたのですが、JavaScript にも同様のツールがありましたので、使ってみました。JsDoc Toolkit というツールです。簡単な使い方を示します。


  1. 事前に Java がインストールされている必要があります。

  2. JsDoc Toolkit のサイトからツールをダウンロードし、解凍します。

  3. JsDoc Toolkit のディレクトリで以下のコマンドを実行します。(Macの場合)

    java -jar jsrun.jar app/run.js src -t=templates/jsdoc -d=out


src にはソースディレクトリ、out にはドキュメントの出力先を指定します。

図20 JsDoc Toolkit で作成したドキュメント
【図20 JsDoc Toolkit で作成したドキュメント】

今回プログラムはこの JsDoc Toolkit に対応してコメントに、@fileOverview, @name, @constructor, @this の4つのタグを追加しました。また、前回の版では活路と石の数を別々に表示していましたが、それらの和を得点として表示するようにしました。プログラムは simulator03 として公開しました。作成したドキュメントは下の方にリンクが張ってあります。

図21 Simulator 0.3
【図21 Simulator 0.3】

活路+石を得点として表示してみると、最終局面で石埋めをしても得点が変わらないことに気づきます。上図の局面ではこの先を打っても得点は変わりません。このような終局で、この得点は中国ルールの得点(地+石)と等しくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧