« プログラミング講座 (191) 方眼線を引く | トップページ | プログラミング講座 (193) タートルグラフィックス »

2020/08/21

プログラミング講座 (192) 点を打つ

今度は方眼線の交点に点を打ってみたいと思います。座標 (100, 100) と (200, 100) にぞれぞれ ● と × を描画してみます。例えば ● の場合、GraphicsWidth.FillEllipse(100, 100, 10, 10) としてしまうと、● が座標 (100, 100) の右下に来てしまいます。なので、サイズの半分だけ左上にずらして GraphicsWidth.FillEllipse(95, 95, 10, 10) とするとちょうど交点の上に ● が乗ります。

● なのか × なのか見にくいですが、下図をクリックすると拡大されます。

Points

プログラムはこちらに公開しました。点を打ってそれを線でつなげれば絵になりそうです。

関連項目

|

« プログラミング講座 (191) 方眼線を引く | トップページ | プログラミング講座 (193) タートルグラフィックス »

Small Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プログラミング講座 (191) 方眼線を引く | トップページ | プログラミング講座 (193) タートルグラフィックス »