« フリーソフト紹介: Visual Studio Code | トップページ | Small Basic 1.3 リリース »

2017/07/24

Mac + 英語版 Windows での日本語入力

macOS Sierra 日本語版 + Apple 日本語キーボード + Parallel Desktop 12 for Mac + Windows 10 Home 英語版 + IME という環境で、[かな] [英数]キーを使って日本語入力と英語入力を切り替える方法について説明します。

まず、Windows に日本語キーボードのドライバーをインストールします。

Device Manager を立ち上げ、Keyboards の左にある > クリックし、Standard PS/2 Keyboard をダブルクリックします。

Device_manger

Properties の画面で [Update Driver] ボタンを押します。

Update_driver

How do you want to search for drivers? 画面で Browse my computer for driver software をクリックします。

Browse_my_computer

Browse for drivers on your computer 画面で Let me pick from a list of a available drivers on my computer をクリックします。

Let_me_pick_from_a_list

Show compatible hardware のチェックを外し、Model の中から Japanese PS/2 Keyboard (106/109 Key Ctrl + Eisuu) を選び、[Next] ボタンを押します。

Japanese_ps2_keyboard

Update Driver Warning 画面でこのドライバーは推奨されない云々と出ますが、[Yes] をクリックしてインストールします。

Update_driver_warning

Windows had successfully updated your drivers 画面が出るので、[Close] ボタンを押します。

Updated

再度、Properties 画面が出るので、[Close] ボタンを押します。
Close

再起動しますかという画面が出るので、[Yes] を押して再起動します。

Restart

次に、Apple キーボードの[かな]キーと[英数]キーに「IME ON」「IME OFF」の機能を割り当てます。

タスクバーの日本語 IME の「A」(または「あ」)のところで右クリックを押し、 Properties を選びます。

Ime_properties

Settings for Microsoft IME 画面で [Advanced] ボタンを押します。

Advanced

Advanced Settings for Microsoft IME 画面の Editing operation and behavior にある [Advanced] ボタンを押します。

Advanced_2

Setting 画面で、「無変換」キー(Mac の「英数」キー)の No Inpu... の項目 ToggleKana を選んで [Modify] キーを押します。

Modify

Functions の中から IME OFF を選んで、[OK] ボタンを押します。

Ime_off

同様に「ひらがな」キー(Mac の「かな」キー)の No Inpu... の項目 Hiragana ke を選んで [Modify] キーを押します。

Modify_2

Functions の中から IME ON を選んで、[OK] ボタンを押します。

Ime_on

設定が終わったら Keyboard 画面で [OK] ボタンを押します。

Ok

Advanced Settings for Microsoft IME 画面でも [OK] ボタンを押します。

Ok_2

以上で設定終了です。

IME 自体を切り替えるには [option]+[command]+[space] キーを押します。日本語 IME に切り替わったら、[英数]キーと[かな]キーで英語入力と日本語入力を切り替えます。

|

« フリーソフト紹介: Visual Studio Code | トップページ | Small Basic 1.3 リリース »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac + 英語版 Windows での日本語入力:

« フリーソフト紹介: Visual Studio Code | トップページ | Small Basic 1.3 リリース »