« C++ (7) CgfGoBan のインストール | トップページ | C++ (9) 2進ベクトル CBVector クラスの実装 »

2015/01/18

C++ (8) MFC による Hello プログラム

なかなか C++ のソースに巡り合えないので、まずはサンプルプログラムとして Hello C++ を表示する C++ プログラムを作ってみることにしました。

まず悩むのが、C++ のプログラムのタイプがたくさんあることです。Visual Studio (Community) 2013 で [FILE] [New] [Project] を選ぶと、以下のようなテンプレートの選択画面がでます。

プロジェクト テンプレート

Win32 Console Application が一番簡単だと思いますが、一応グラフィックスにしたいので、MFC Application を選ぶことにしました。MFC は Microsoft Foundation Class Library の略で、よく見かける [File] [Edit] などのメニューをもつデスクトップアプリケーションを作成できます。

これを選んでビルドすると、なにも表示しないメニューだけのプログラムが実行できます。MFCHelloCpp という名前のプログラムを作ってみました。

Visual Studio で [EDIT] [Find and Replace] [Find in Files] を選びポップアップの Find what: に "TODO" を入れて [Find All] ボタンを押すと、ソースの中で変更すべき部分が Find Results 1 というウィンドウに表示されます。この各行をクリックするとソースファイルのその行が表示されます。

それとVC++のリファレンスを見たり Google で例えば「MFC DrawText color」などと検索してコードサンプルを参照しながら、主に CMFCHelloCppView::OnDraw() という関数の中に "Hello C++!" と表示するコードを入れました。結果の画面は以下の通りです。

MFCHelloCpp

そして、Java の JavaDoc、JavaScript の JSDoc に当たる、CppDoc というソフトでドキュメントを作成してみました。ドキュメントへのリンクはこちらです。

ドキュメント

C++ のソースだけが対象なので、リソースファイル (.rc) などはドキュメントにはなりません(たぶん)が、例えば、MFCHelloCppView.cpp のソースはこちらのように作成されます。

ソース自体の公開は CodePlex を使う予定です。このプログラムは余りにも簡単なのでアップロードする価値があるかどうか、ちょっと躊躇しています...。

|

« C++ (7) CgfGoBan のインストール | トップページ | C++ (9) 2進ベクトル CBVector クラスの実装 »

C++」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: C++ (8) MFC による Hello プログラム:

« C++ (7) CgfGoBan のインストール | トップページ | C++ (9) 2進ベクトル CBVector クラスの実装 »