« C++ (2) GNU Go をダウンロードしてみよう | トップページ | C++ (4) GNU Go のビルドと実行 »

2015/01/05

C++ (3) CMake の実行

GNU Go のサイトのドキュメントを見ると、Visual Studio でコンパイルする前に CMake を実行するように書いてあります。

Documents

CMake はKitware 社が提供するクロスプラットフォームでの開発環境を生成するフリーソフトウェアです。GNU Go は元々は Unix 系のプログラムですが、Windows の Visual Studio 向けにソリューションファイルを生成してくれます。
http://www.cmake.org に行ってみましょう。

Homepage_2

トップ画面の下方にある [Download CMake Version 3.1.0] をクリックします。

Download_2

プラットフォームとして Windows (Win32 Inataller) を選び、cmake-3.1.0-win32-x86.exe をクリックし [実行] します。

Run

セットアップウィザードが起動するので [次へ] ボタンを押します。

Setup_wizard

ライセンス契約書を確認し [同意する] ボタンを押します。

License

[次へ] ボタンを押します。

Install_options

[次へ] ボタンを押します。

Target_folder

[インストール] ボタンを押します。

Start_menu_folder

[完了] ボタンを押します。

Done

CMake がインストールされているので、実行しましょう。

App

CMake が起動します。[Browse Source] ボタンを押してソースのフォルダーを指定します。

Cmakegui

GNU Go を展開したフォルダー Visual Studio 2013\Projects\gnugo-3.8 を指定し [OK] を押します。

Browse_source

同様に [Browse Build] でも同じフォルダーを設定します。

Path_to_build

[Generate] ボタンを押すと以下の画面が出るので、[Visual Studio 12 2013] を選んで [Finish] ボタンを押します。

Generate

ワーニングが出ますがファイルの生成が完了します。

Genarating_done

エクスプローラーでソリューションファイルができていることを確認します。

Solution_generated

(つづく)

|

« C++ (2) GNU Go をダウンロードしてみよう | トップページ | C++ (4) GNU Go のビルドと実行 »

囲碁」カテゴリの記事

C++」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: C++ (3) CMake の実行:

« C++ (2) GNU Go をダウンロードしてみよう | トップページ | C++ (4) GNU Go のビルドと実行 »