« レゴ | トップページ | プログラミング講座(166) SVG エディター »

2014/11/25

プログラミング講座(165) SVG ビューアー

SVG (Scalable Vector Graphics) というファイル形式があります。SVG は XML (Extensible Markup Language) の一種で、HTML と同様のタグで構成されたテキストです。実際、HTML5 の仕様ではインライン SVG などの規格により、HTMLの中でも SVG が扱えます。Small Basic の Shapes オブジェクトで扱う図形は拡大・縮小ができるので、この SVG 形式に変換することが可能です。

これまで Shapes (図形エディタ) の出力は Small Basic のソースコードにしていましたが、将来的には SVG に変更しようと考えています。SVG という標準的なファイル形式を採用することで、他の様々なツールで扱えるようになります。例えば、GIMP, Visio での編集やブラウザでの表示も可能になります。

その前段階として、SVG ビューアーを作り始めました。プログラムID HFT825 でそのパイロット版を発行しました。

図152 SVG ビューアー
【図152 SVG ビューアー】

今のところ長方形と楕円を表示できるようにしています。回転はまだサポートしていません。今後は Shapes オブジェクトでできる範囲を扱えるようにする予定です。

ところで SVG について勉強してみたいという方には、英語ですが w3schools.comMDN がおすすめです。

|

« レゴ | トップページ | プログラミング講座(166) SVG エディター »

Small Basic」カテゴリの記事

HTML」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(165) SVG ビューアー:

« レゴ | トップページ | プログラミング講座(166) SVG エディター »