« プログラミング講座(143) Small Basic のエスケープ文字 | トップページ | プログラミング講座(145) ヘビゲーム »

2014/02/21

プログラミング講座(144) Bスプライン曲線

Small Basic Forum の2月のチャレンジにある「スプライン曲線を描け」という問題に挑戦しました。参考にした教科書は学生時代に購入したと思われる『アルゴリズムとプログラムによるコンピュータ グラフィックス』(全2巻)です。

この中にBスプライン補間による曲線の描き方について、PIDGIN ALGOL という言語のプログラム付きで解説があったので、Small Basic に移植しました。結構デバッグに手こずりました。本のプログラムリストの中で I を 1 と書いてあるバグを見つけたりもしました。

できたプログラムは WWV142 で発行しました。マウスでクリックした10個の点を標本点とする3次のBスプライン曲線を描くプログラムです。

図140 3次Bスプライン曲線
【図140 3次Bスプライン曲線】

以前、ト音記号を描くというプログラムに挑戦したときに、曲線を描くプログラムがほしいと思ったのが「スプライン曲線を描け」という問題を出題したきっかけです。このプログラムを応用して、Small Basic でもいろいろな図形を描けるようにしていきたいと思います。

|

« プログラミング講座(143) Small Basic のエスケープ文字 | トップページ | プログラミング講座(145) ヘビゲーム »

Small Basic」カテゴリの記事

私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(144) Bスプライン曲線:

« プログラミング講座(143) Small Basic のエスケープ文字 | トップページ | プログラミング講座(145) ヘビゲーム »