« プログラミング講座(138) まずまずの AI | トップページ | プログラミング講座(140) 雪の結晶 »

2013/12/06

プログラミング講座(139) サイモンというゲーム

Small Basic Forum の今月のチャレンジに「サイモン ゲームのクローンを作れ」という問題があり、早速作りました。プログラムID FHV760-5 として発行しました。

図135 サイモン
【図135 サイモン】

作った手順は以下の通りです。

最初に作ったプログラム FHV760 で4つの色のボタンのマスクになる部分を表示し、Snipping Tool で png ファイルとして保存し、GIMP でトリミングし背景部分を透明にしました。

図136 マスク
【図136 マスク】

このマスクを Shapes.AddImage() で図形として読み込み、移動、回転、不透明度を設定しボタンの明るさを変えています。ボタンが消えているときは不透明度 50、付いているときは不透明度 0 に設定しています。

その後はサイモン側のプレイ PlaySeq() とプレイヤー側の入力部分 GetSeq() を作って組み合わせました。

このゲームは前回のコネクト4に比べると簡単に作れると思います。サイモンは1978年に米国で発売されたゲーム機で、難しさのレベル設定もできますが、今回のプログラムでは間違えない限り、限りなく音のシーケンスが長くなるようにしています。

|

« プログラミング講座(138) まずまずの AI | トップページ | プログラミング講座(140) 雪の結晶 »

Small Basic」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(139) サイモンというゲーム:

« プログラミング講座(138) まずまずの AI | トップページ | プログラミング講座(140) 雪の結晶 »