« プログラミング講座(108) 電気回路 | トップページ | プログラミング講座(110) 回路の判定 »

2013/02/25

プログラミング講座(109) 回路の変更

電気回路の変更をできるように修正し、プログラムID XXN689-6 で発行しました。
図106 電気回路の変更
【図106 電気回路の変更】

パーツを [Space] キーで選んでカーソルキー([→][←][↑][↓])で移動します。移動先で再び [Space] キーを押すとパーツがその位置に入ります。すでにパーツがあるときはビープ音を出すようにしました。

ビープ音は Sound.PlayAndWait() 操作を使いました。効果音のファイルは以前 JavaScript の囲碁プログラム用にダウンロードしたものを使いました。1回目を鳴らすときはダウンロードのためだと思うのですが結構待たされます。2回目以降はキャッシュされるらしく、すぐ鳴ります。

回路の判定、パーツのZオーダー(手前か奥か)の変更など細かいところがまだできていません。引き続き開発を続けます。

|

« プログラミング講座(108) 電気回路 | トップページ | プログラミング講座(110) 回路の判定 »

Small Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(109) 回路の変更:

« プログラミング講座(108) 電気回路 | トップページ | プログラミング講座(110) 回路の判定 »