« プログラミング講座(107) 『統計のはなし』 | トップページ | プログラミング講座(109) 回路の変更 »

2013/02/21

プログラミング講座(108) 電気回路

また、囲碁の話からそれるのですが、Small Basic Forum の2月のチャレンジに電池、スイッチ、電球、電線で電気回路を作るという問題が出されていて、これに挑戦しています。途中版をプログラムID XXN689-5 で発行しました。
図105 電気回路 0.2b
【図105 電気回路 0.2b】

現在のところ、マウスでクリックし、スイッチをON/OFFできるようにしてありますが、最終的にはキーボードで操作するように変更しようかと思います。今は回路を変更できないのですが、変更できるようにする予定です。変更後の回路に合わせて電球のON/OFFを判定するために、回路の解析が必要になります。

それぞれのパーツがどのようにつながっているのか、これは囲碁の石の配置と同様、グラフ(理論)で表せます。ただ今回の場合は縦横のマトリクスにしたので、単純に配列として表すだけで解析ができるかもしれません。

ということで、引き続きこのプログラムを修正していこうと思います。

|

« プログラミング講座(107) 『統計のはなし』 | トップページ | プログラミング講座(109) 回路の変更 »

Small Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(108) 電気回路:

« プログラミング講座(107) 『統計のはなし』 | トップページ | プログラミング講座(109) 回路の変更 »