« プログラミング講座(104) 『コンピュータ囲碁』 | トップページ | プログラミング講座(106) ローカル vs リモート »

2012/12/03

プログラミング講座(105) 迷路ゲーム

プログラミング講座(72)で紹介した迷路をゲームに改造中です。ベータ版(開発途中版)を PNC833-14 として発行しました。
図103 迷路ゲーム(ベータ版)
【図103 迷路ゲーム(ベータ版)】

ベータ版なのでいろいろ制限があります。
・CPUガメの位置が表示されます。
・スコアや記録が保存されません。
・ブラウザ上では正しく動作しません。プレイヤーガメが迷路からはみ出します。

Small Basic のプログラムはブラウザ上で Silverlight (シルバーライト)の環境で動作させると、いろいろな問題が起こります。今回はそれらの問題を徹底的に調べて回避方法を見つけようと思います。

|

« プログラミング講座(104) 『コンピュータ囲碁』 | トップページ | プログラミング講座(106) ローカル vs リモート »

Small Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(105) 迷路ゲーム:

« プログラミング講座(104) 『コンピュータ囲碁』 | トップページ | プログラミング講座(106) ローカル vs リモート »