« プログラミング講座(96) 9路盤での集計(途中経過) | トップページ | プログラミング講座(98) 三コウ »

2012/11/04

プログラミング講座(97) 9路盤の集計(途中経過2)

前回プログラムについて書くのを忘れていました。以下のプログラムを発行しました。
・囲碁シミュレータ 0.3 PTB804-1
・棋譜集計ツール 0.4 VVD450-1

また途中経過なのですが、9路盤で 3114局のプレイアウトを行った結果の初手毎の勝率です。
図97 9路盤3114局集計結果
【図97 9路盤 3114局集計結果】

これを見ると初手天元は最も勝率が低く、三三が最も勝率が高くなっています。三三は9路盤では初手によく打たれる手なので、そうなのかもしれないという結果です。

さらに 8100局を目指して棋譜を増やします。

|

« プログラミング講座(96) 9路盤での集計(途中経過) | トップページ | プログラミング講座(98) 三コウ »

囲碁」カテゴリの記事

Small Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(97) 9路盤の集計(途中経過2):

« プログラミング講座(96) 9路盤での集計(途中経過) | トップページ | プログラミング講座(98) 三コウ »