« プログラミング講座(100) 散布図 | トップページ | プログラミング講座(102) Small Basic のデバッグ方法 »

2012/11/17

プログラミング講座(101) 3手目と勝率の関係

棋譜集計ツール 0.4 VVD450-1 の以下の2行を書き換えて3手目と勝率の関係を調べてみました。

58.      col = iRecord[3]["x"] ' check third move
59.      row = iRecord[3]["y"]

図101 9路盤3手目と勝率の散布図
【図101 9路盤3手目と勝率の散布図】

意外なことに、初手との関係とは微妙に違う結果になっていました。3手目として最も勝率が高いのは 3二、2位が 4四、3位が 5四でした。初手の場合は、5四、3三、4四の順だったので、3手目では3三は必ずしもいい手ではない可能性もあります。

|

« プログラミング講座(100) 散布図 | トップページ | プログラミング講座(102) Small Basic のデバッグ方法 »

囲碁」カテゴリの記事

Small Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(101) 3手目と勝率の関係:

« プログラミング講座(100) 散布図 | トップページ | プログラミング講座(102) Small Basic のデバッグ方法 »