« プログラミング講座(99) 9路盤の集計結果 | トップページ | プログラミング講座(101) 3手目と勝率の関係 »

2012/11/17

プログラミング講座(100) 散布図

しばらく9路盤のプレイアウトの結果について検証してみようと思います。今回は初手と勝率に関する散布図を描いてみました。
図100 9路盤初手と勝率の散布図
【図100 9路盤初手と勝率の散布図】

このグラフを見る限り明らかにのこぎりの歯のような形になっていて盤の端は勝率が低く、中心に近づくほど勝率が高いことが伺えます。ただし天元は少し落ち込んでいます。

参考書として『例題で学ぶExcel統計入門第2版』(森北出版)を購入しました。

初手だけではなく3手目についても同様の結果になりそうなので比較してみようと思います。

 

|

« プログラミング講座(99) 9路盤の集計結果 | トップページ | プログラミング講座(101) 3手目と勝率の関係 »

囲碁」カテゴリの記事

Small Basic」カテゴリの記事

私の本棚」カテゴリの記事

Excel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(100) 散布図:

« プログラミング講座(99) 9路盤の集計結果 | トップページ | プログラミング講座(101) 3手目と勝率の関係 »