« プログラミング講座(90) 囲碁ふたたび | トップページ | ハロウィン »

2012/10/30

プログラミング講座(91) コードブロックの生成

TechNet Wiki 向けに Small Basic のコードブロックを生成するツールが完成しました。プログラムID SKC235-1 で発行しました。

このツールについての記事を TechNet Wiki にも載せました。まだ英語のみですが、Small Basic: How To Format Code Block という記事です。そのうち日本語訳するつもりです。
図91 TechNet Wiki
【図91 TechNet Wiki】

前回の版 1.1b から10箇所以上も修正する羽目になりました。その中でよくある間違いなど3点ピックアップします。

(1) 数字が化ける
文字列をつなぐときに + でつなぐと、その文字列に数字が入っていると足し算になってしまいます。今回は"1" + "." + "2" が "3" になってしまいました。文字列としてつなげる場合、Text.Append(Text.Append("1", "."), "2") とすれば "1.2" になります。

(2) コードをコピーした後
似たようなコードが続く場合、前のところからコピーして修正することがよくあると思います。そのときコピーしたものをちょっと修正するわけですが、修正漏れが往々にして起きます。何箇所か修正するうちの1箇所を忘れたりします。コピーして修正、というのは簡単にできるので、そういうときほど、よく見直しをしたいものです。(反省;)

(3) HTMLを生成するとき
HTMLを出力するプログラムでは、"<" と ">" と "&" に注意が必要です。これらをブラウザ上で正しく表示させるには、"&lt;", "&gt;", "&amp;" とします。

|

« プログラミング講座(90) 囲碁ふたたび | トップページ | ハロウィン »

おすすめサイト」カテゴリの記事

Small Basic」カテゴリの記事

HTML」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(91) コードブロックの生成:

« プログラミング講座(90) 囲碁ふたたび | トップページ | ハロウィン »