« プログラミング講座(77) 図形の選択 | トップページ | プログラミング講座(79) 図形の切り取り »

2012/09/09

プログラミング講座(78) 図形の移動

図形エディタ 0.5 版で図形を移動できるようになりました。プログラムID XFZ657-3 で発行しました。
図80 図形の移動
【図80 図形の移動】

今回は GetReleasePoint2() というサブルーチンを作成しました。このサブルーチンはマウスボタンを離すまでの間、図形を移動します。これを前回作成した、DoShape() の中で呼び出しています。

おまけ: 今回の版の出力結果に手を加えたものをプログラムID RQB683-1 で発行しました。図形の移動ができるだけで、かなり正確に描けるようになってきました。
図81 図形エディタ 0.5 で出力したプログラムの実行結果
【図81 図形エディタ 0.5 で出力したプログラムの実行結果】

Small Basic の Shapes オブジェクトは移動や回転ができるので、アニメーションを作るのに適しています。今回作成している図形エディタで作成した絵は、動かせるところが特徴といえます。

|

« プログラミング講座(77) 図形の選択 | トップページ | プログラミング講座(79) 図形の切り取り »

Small Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(78) 図形の移動:

« プログラミング講座(77) 図形の選択 | トップページ | プログラミング講座(79) 図形の切り取り »