« プログラミング講座(67) タートルグラフィックス | トップページ | プログラミング講座(69) Small Basic の音楽機能 »

2012/08/07

プログラミング講座(68) 猫の目時計

今回も Small Basic Forum (7月のチャレンジ出題問題)から猫の目時計を紹介します。VSC500-0 として発行しました。
【図69 猫の目時計】
【図69 猫の目時計】

江戸時代に忍者が時刻を知るために、猫の目を使っていたのだとか。

猫の瞳を Shapes.AddEllipse() で作成し、時間に合わせて Shapes.Zoom() で太さを変えています。猫の白目と瞳を5秒に1回、Shapes.Hide() で消しています。その下には予め瞑った目を GraphicsWindow.DrawLine() で描いてあります。

これまで作った時計の簡単な応用例ですね。

|

« プログラミング講座(67) タートルグラフィックス | トップページ | プログラミング講座(69) Small Basic の音楽機能 »

Small Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(68) 猫の目時計:

« プログラミング講座(67) タートルグラフィックス | トップページ | プログラミング講座(69) Small Basic の音楽機能 »