« 数式の入力 | トップページ | Javaアプレット(54) 数式の見直し »

2012/03/21

Javaアプレット(53) 数式のまとめ

これまで使ってきた数式をまとめました。別ページで公開します。

とりあえずまとめたところなので、式に誤りがあるかもしれません。誤りを見つけた場合は予告なく訂正する予定です。

式(13-1)はまだ完成していません。これは活き石を表す式ですが、求めるのが難しく、盤面が小さい場合は終局まですべての組合せで打ってみて決める、という手がありますが、盤面が大きいといわゆる組合せ爆発がおき、計算できません。次善の手として考えられるのは、モンテカルロ法(乱数を使って)によりいくつかの組合せで終局まで打って(プレイアウトして)みて決めるという方法です。この方法は確率上の活き石を求められますが、完全な解にはなりません。ここが囲碁プログラムの急所と言えるかもしれません。

今回、式をまとめ解説をつけながら、いくつかの式を修正しました。

プログラムの開発でレビューという工程があります。レビューでは開発者がレビュアーに対し作成したプログラムの正しさを言葉で証明します。今回のこの式のまとめは、式自体のレビューに相当する作業となりました。

修正後の式はまだプログラムには反映していません。

次回はこれらの式をプログラムに反映しつつ、Javaの開発環境をJDK 7に完全に移行しようと思います。

(つづく)


|

« 数式の入力 | トップページ | Javaアプレット(54) 数式の見直し »

囲碁」カテゴリの記事

Java」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Javaアプレット(53) 数式のまとめ:

« 数式の入力 | トップページ | Javaアプレット(54) 数式の見直し »