« 水沢あつく堅し | トップページ | Javaアプレット(19) 改めてEclipseの起動から »

2012/02/01

えこよみカレンダー2012 ひと月使ってみて

2月になりました。えこよみカレンダー2012を使い始めて、ひと月が経ちました。

月の運行を元に作られた昔の暦(太陰暦)では、暦と季節感のずれが生じるため、中国で考案された二十四節気と七十二侯。七十二侯のほうは日本の気候に合わないため作り直されたとか。
始めから太陽暦だったら作られなかったかもしれない二十四節気、七十二侯ですが、大寒、鶏始乳(にわとり、とやにつく)などの言葉で表現したことが、現代で使っても季節感を感じられるものになったのだと思います。

今年の冬は寒く、特に「大寒」を実感しました。しかし寒さの中で自然は密かに春の準備を進めていて、えこよみカレンダーを見ながら春の訪れを感じることもできました。

ちなみに今日現在は「大寒」、「鶏始乳(にわとり、とやにつく)」。二十四節気、七十二侯の最後です。
鶏始乳

2/4からは「立春」新しい二十四節気が始まります。

|

« 水沢あつく堅し | トップページ | Javaアプレット(19) 改めてEclipseの起動から »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: えこよみカレンダー2012 ひと月使ってみて:

« 水沢あつく堅し | トップページ | Javaアプレット(19) 改めてEclipseの起動から »