« プログラミング講座(55) アラーム時計 | トップページ | プログラミング講座(57) 文字盤と地球の影の処理 »

2011/04/25

プログラミング講座(56) 地球時計

地球時計を作りました。プログラムを PPH681 で「発行」しました。

Earthclock01
【図57 地球時計】

Think the Earthプロジェクトの地球時計の wn-1 が発売される以前から、このような時計がほしいと思っていました。時計の本質は、地球の自転です。地球そのものが時計なのだから、そのような時計があってもいいと思っていました。

地球の北半球が反時計回りに回ります。北半球のイメージを Shapesオブジェクトの AddImage() 操作で登録し、同じく、 Rotate() 操作で回転しています。 Shapes.Rotate() 操作の第2引数で指定する角度の単位は度(degree)で、右に回ります。また、登録したイメージの中心を中心に回ります。北半球は左回りに回るのでRotate()操作の角度はマイナスで指定しています。

今回は、Time.Tick イベントに登録したサブルーチン OnTick() では最小限の処理のみ行いました。 bTick というフラグを立て、メイン側のループの中でこのフラグを見て時刻の書き変えの処理を行っています。

地球時計はもう少し手直ししようと思います。

(つづく)

|

« プログラミング講座(55) アラーム時計 | トップページ | プログラミング講座(57) 文字盤と地球の影の処理 »

Small Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(56) 地球時計:

« プログラミング講座(55) アラーム時計 | トップページ | プログラミング講座(57) 文字盤と地球の影の処理 »