« フリーソフト紹介:囲碁九路盤ゲーム | トップページ | プログラミング講座(25) イベント処理 »

2010/07/24

プログラミング講座(24) 人が打つ次の手の処理

マウスをクリックすることで碁石を置いていけるようにしました。プログラムIDはHHF931です。
石をクリックすれば取り除くこともできます。パスはまだできません。

Igo03
【図18 人が打った石の図】
図は今回のプログラム(v0.3)でマウスを使って石を並べた図です。コンピューターに予め設定したとおりに打たせた図17と区別はつかないですが...。

ちなみに今回の対局も『東大教養囲碁講座』から拝借しました。

あとは、この棋譜をファイルに出力する処理を作ります。囲碁の棋譜ファイルのフォーマットとしては、SGF (Smart Game Format)というものを使うことにします。

(つづく)

|

« フリーソフト紹介:囲碁九路盤ゲーム | トップページ | プログラミング講座(25) イベント処理 »

囲碁」カテゴリの記事

Small Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(24) 人が打つ次の手の処理:

« フリーソフト紹介:囲碁九路盤ゲーム | トップページ | プログラミング講座(25) イベント処理 »