« プログラミング講座の目次作りました | トップページ | プログラミング講座(17) チューニング »

2010/06/15

プログラミング講座(16) インポートの注意事項

ここでちょっと発行・インポートについての注意事項についてお伝えします。発行したプログラムをインポートすると変更が加えられていることが分かりました。この連載で発行したプログラムも File.ReadLine() を使っている行がコメントアウトされていました。

例えば、WordList v0.5 (プログラムID XLQ213)の場合、

14 ' The following line could be harmful and has been automatically commented.
15 ' line = File.ReadLine(filename, lno)

37 ' The following line could be harmful and has been automatically commented.
38 ' line = File.ReadLine(filename, lno)

がそれに該当します。このような行がある場合は、コメントを外し、

line = FileReadLine(filename, lno)

としてから実行してください。

(つづく)

|

« プログラミング講座の目次作りました | トップページ | プログラミング講座(17) チューニング »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Small Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(16) インポートの注意事項:

« プログラミング講座の目次作りました | トップページ | プログラミング講座(17) チューニング »