« プログラミング講座(7) プログラム入力 | トップページ | プログラミング講座(9) デバッグ »

2010/05/05

プログラミング講座(8) プログラムの保存

これからプログラミングを続けていく上で、身に付けたい習慣として、小まめにプログラムを保存することをお奨めします。Word文書やExcelファイルも同様ですが、予期せぬコンピュータの振る舞いにより、入力したファイルが失われてしまうことが、少なからずあります。

プログラムの保存は同じ名前で保存する場合は[保存]ボタン、名前を変える場合は[名前を付けて保存]ボタンを押します。今回は「ドキュメント」フォルダの下にある「Small Basic」フォルダに「Word List」というフォルダを作成し、「WordList01.sb」というファイル名で保存します。

10
【図6 名前を付けて保存】

(つづく)

|

« プログラミング講座(7) プログラム入力 | トップページ | プログラミング講座(9) デバッグ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Small Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(8) プログラムの保存:

« プログラミング講座(7) プログラム入力 | トップページ | プログラミング講座(9) デバッグ »