« プログラミング講座(9) デバッグ | トップページ | プログラミング講座(11) 実行結果 »

2010/05/05

プログラミング講座(10) 実行とエラー

リスト3を打ち込んだら[実行]ボタンを押してプログラムを実行してみましょう。プログラムに構文上の誤りがある場合、実行すると図7のようなエラーが表示されます。一番上のエラーは
1,1: 予期しない 1 がこの場所にあります。
というものですが、これは1行目の1桁目にエラーがあり、そこにある「1」がSmall Basicの構文上予期できない内容のものであることを示しています。図7ではわざとリスト3にある行番号もカットアンドペーストして入力したため、このエラーになりました。リスト3の行番号は便宜上のものなので、プログラムからは削除しておく必要があったわけです。

11
【図7 エラーリスト】

(つづく)

|

« プログラミング講座(9) デバッグ | トップページ | プログラミング講座(11) 実行結果 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Small Basic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング講座(10) 実行とエラー:

« プログラミング講座(9) デバッグ | トップページ | プログラミング講座(11) 実行結果 »